高血圧

高血圧とは?

 高血圧の診断に必要なことは、まず血圧を測ることです。
 血圧の測定は病院やクリニックを受診した際や、健診・人間ドックで測定しましょう。
 ご家族の中で血圧が高い人は遺伝する可能性がありますので、こまめに血圧を測定することをお勧めします。
 『なかなか病院にいけない、でも血圧が気になる』という方は、最近は家電量販店で性能の良い血圧測定器が比較的安価で購入できますので、ご検討下さい。
 血圧は二の腕で測定するものがお勧めで、安静座位でカフを心臓の高さに保ち測定しましょう。血圧は1~2分の間隔をおいて複数回測定し、安定した値を示した2回の平均値を血圧値とします。
 では『血圧が高い』とはどういうことでしょうか? 血圧の正常値は、測定する場所で異なります。

  • 診察室:140/90mmHg以上
  • 家庭 :135/85mmHg以上
成人における血圧値の分類


疫学

 上の血圧(収縮期血圧)が140mmHgまたは、下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以下の人、もしくは血圧を下げる薬(降圧薬といいます)を飲んでいる人は、日本人男性の47.5%、女性の43.8%で、高血圧者の総数は4,000万人とされています。
 我われ日本人の血圧は、1965年をピークに徐々に低下してきています。

日本人の高血圧の特徴

  • 多い塩分摂取量
  •  現在の日本人の平均塩分摂取量は12g程度とされています。塩分を摂る量が多いと、血圧も高くなるとされています。
  • メタボ(メタボリック症候群)の増加
  •  近年、男性においては、肥満に伴う高血圧が増加していると考えられています。男性でメタボが疑われる人の率は24.4%、女性では12.1%とされています。
  • 治療を受けていない人が多い
  •  健診や人間ドックを受けて、高血圧を指摘されたにもかかわらず治療を受けていない人が、何と30、40代の人では80~90%もいるとされています。『血圧が高い』と言われたら、しっかりと治療を受けましょう。

なぜ血圧が高いといけないのか?

  • 脳卒中の多発
  •  血圧が高いと脳卒中になったり、脳卒中による死亡率を高めるとされています。図にあるように、高血圧と脳卒中の罹患率・死亡率は段階的な正の関連があります。つまり、血圧が高くなれば高くなるほど脳卒中になる可能性、脳卒中による死亡の可能性が高くなります。
血圧と脳卒中発生率の関係
  • 心臓病の発症
  •  脳卒中との関連よりも弱いが、血圧が高くなると心臓病の発病も増加します。男性では上の血圧が10mmHg上昇すると、心臓病(冠動脈疾患)の罹患・死亡率が約15%上昇します。
  • 慢性腎臓病の予後が悪い
  •  血圧が高いと、腎臓病が悪化しやすく、予後が悪いことが分かっています。

血圧の治療について

 高血圧の治療の目的は、血圧が高いことが続くことのよる心臓と血管の障害による心血管病の発症を予防すること、すでに心血管病を発症している場合には、その進展を予防することです。
 外来で『血圧が高いので、治療を始めましょう』とお話しすると、ほとんどの方が『いったん治療を始めたらずっと薬を飲み続けなくてはいけないんでしょ?』と仰います。治療を始めた際には血圧を下げる薬(降圧薬)が一生必要かどうかは分かりませんが、とにかく血圧を正常値まで下げないと、血管が傷んで脳卒中や狭心症・心筋梗塞を起こす可能性がありますので、早い方が良いと考えられます。
 治療の必要性については、糖尿病や高脂血症、睡眠時無呼吸症候群などの有無によって異なります。とにかく、医師と話し合うことが重要です。

降圧目標

 降圧目標は、下記の表の値を目標とします。 血圧治療における降圧目標

生活習慣の改善

  • 塩分制限
  •  これまでの研究を参考にすると、血圧が高い場合は、1日の塩分摂取量を6g前半まで制限しないと、降圧作用が得られないことが分かっております。
     前述した通り、我われの1日の平均塩分摂取量が12g程度ですので、約半分に塩分摂取量を減らさなくてはなりません。
     これはとても大変なことです。急に塩分摂取量を減らすと、食事の味がしなくなってとても大変です。
     ヒトの味覚は慣れるまで3か月かかると言います。少しずつ毎日気をつける、例えば何気なく使っている醤油を減らしたり、お新香の量を減らしたり、と小さなことから気をつけることが重要です。
  • 野菜・果物の積極的摂取
  • 適正体重の維持:BMIを25以下に
  • アルコール制限
  • 禁煙

浅草クリニックでの治療について

 浅草クリニックでは、総合内科専門医の他に、月に5回、循環器内科専門医の診療を設けております。
 一般的な治療では降圧効果が得られない方や、心臓のその他の病気をお持ちで、コントロールが難しい方の治療もできます。
   参考文献 http://www.jpnsh.org/


このエントリーをはてなブックマークに追加